受入れ可能職種

3年間の技能実習はすべて受入れ企業との雇用関係の間で行われます

画像

CES

受入れの流れ

当初の技能実習期間は1年間で、その成果が一定水準以上に達したことが国際試験等で認められた場合、更に
2年間の技能実習を行うことができます。 3年間の技能実習はすべて受入れ企業様との雇用関係の間で行われます。

図

教育の取り組み

教育の様子画像
【講習と実習】
実習生入国後、約1ヶ月間講習(座学)と実習を行います。
【日本語研修】
実習生入国後、集合講習として約1ヶ月間日本語研修および生活指導を行います。
【日本語能力検定試験の奨励】
日本語能力検定試験の受験を奨励、支援していきます。
【サポート】
定期的に組合職員と通訳が企業様を巡回し、実習状況の視察、実習生と企業様とのコミュニケーションをサポートします。

中部ESCOの取り組み

教育の取り組み
画像
第一期生から今日までに1,000名以上の実習生を受入れて参りました。そのノウハウを活かし、出国前講習など初期の段階からしっかりと教育に取り組んでいます。
詳しくはこちら
ご検討中の企業様へ
画像
実習生の受入れは、発展途上国における人材育成の貢献とともに、企業様に様々なメリットをもたらします。また、受入れ準備などについて詳細ページでご説明いたします。
詳しくはこちら

お問い合わせもお気軽にどうぞ資料請求はこちら

電話番号

中部ESCO産業協同組合

pagetop

Copyright CES All Rights Reserved.

ページの先頭へ